mixxt

Sign up here for free!

Welcome to mixxt!

Dell X3X3Xアダプタ

BOSCH 2 607 335 709 バッテリー

Dell X3X3Xアダプタ

マウスコンピューターの「NEXTGEAR-NOTE i970」シリーズは、同社のゲーミングブランド「 Dell MT342 」を冠したノートPCの中でもハイエンドに位置するモデルだ。特に今回紹介する「NEXTGEAR-NOTE i970GA1」は、モバイル向け第3世代Coreプロセッサー(開発コード名:Ivy Bridge)で最上位の「Core i7-3920XM Extreme Edition」を搭載し、外付けグラフィックスにNVIDIAの最新GPU「GeForce GTX 680M」を採用する。これは現時点のノートPCでは最強の組み合わせといっていい。 17.3型フルHD液晶ディスプレイを搭載するボディは、従来機「NEXTGEAR-NOTE i960」シリーズを引き継ぐ。直線を基調としたシルエットとブラックのカラーリングは、いかにもゲーミングノートPCらしい“尖った”デザインだが、 Dell RM791バッテリー

天面とパームレストのアルミヘアラインや、イルミネーション機能を持つキーボードバックライトがアクセントになって、高級感もあわせ持つ。 そのほかの特徴やインタフェース回りも基本的には従来機をほぼ踏襲しており、NEXTGEAR-NOTE i960とNEXTGEAR-NOTE i970の違いは、外付けグラフィックスを「 電源 453-10044 」(グラフィックスメモリ2Gバイト)から「GeForce GTX 680M」(グラフィックスメモリ4Gバイト)に強化した点のみ。このため、液晶ディスプレイの品質やキーボードなどの細かい使用感は以前掲載したレビュー(参考:モンスターマシンがIvy Bridgeでさらにパワフル――「G-Tune NEXTGEAR i960」)に譲り、ここではグラフィックスパフォーマンスがどれだけ向上したかを見ていこう。

ここで取り上げたNEXTGEAR-NOTE i970GA1のスペックをおさらいすると、CPUにクアッドコアのCore i7-3920XM Extreme Edition(2.9GHz/最大3.8GHz)、GPUにGeForce GTX 680Mを採用し、メモリが16Gバイト(PC3-12800)、ストレージが128GバイトSSD+1TバイトHDD、 光学ドライブにDVDスーパーマルチという構成になる。さらに上を見れば、1TバイトSSD(512GバイトSSD×2のRAID 0)や32Gバイトメモリ、Blu-ray Discドライブなど、「金に糸目はつけないモデル」も用意されているが、i970GA1は基本システムをハイエンドで固めつつも、ストレージや光学ドラ イブはコストパフォーマンス寄りの構成にすることで、27万9930円と比較的(それでも高価だが)手が届きやすい価格に抑えている。 Dell Inspiron DUOバッテリー

今回はこのNEXTGEAR-NOTE i970GA1と、GeForce GTX 675Mを搭載するNEXTGEAR-NOTE i960GA4を比較して、グラフィックス性能の差をチェックしていく。スペックの比較は以下の表を参照してほしい。

まず、総合的なPC操作をシミュレートするPCMark7の総合スコアだが、i970GA1の4860に対して、i960GA4の4818と有意な差は見 られなかった。PCMark Vantageも同様の傾向で、i970GA1の19981に対してi960GA4は18422と総合スコアで上回ってはいるものの、サブスコアを見ると ほとんど差はない。いずれにしても非常に高い性能を示しており、デスクトップをリプレースするメインマシンとしても十分過ぎるほどの性能を持つことが分か る。実際にWindows 7を操作しても、動作はきびきびとしており、 Dell X3X3Xアダプタ

アプリケーションの起動や処理で待たされる場面は皆無といっていい。一方、気になるグラフィックス系ベンチマークは、GTX 680M(グラフィックスメモリは4Gバイト)を搭載するi970GA1と、GTX 675M(グラフィックスメモリは2Gバイト)を搭載するi960GA4で、はっきりと差がついた。特に負荷の高い処理で差が大きく開き、3DMark Vantageでは、Performanceで約137%、Highで約145%、3DMark11ではPerformanceで約158%、 Xtremeで約170%と、 Dell W4FYY GTX 680MがGTX 675Mを大幅に上回っている。両モデルともに、最新のゲームタイトルを快適にプレイできる性能を備えていることは間違いないが、高解像度かつ高品質なグ ラフィックスで遊びたいなら、GTX 680Mを搭載するi970GA1に圧倒的な魅力がある。なお、ストリートファイターIVベンチマークやモンスターハンターフロンティア ベンチマーク【絆】も同様に、GTX 680MがGTX 675Mを大きく上回る結果となった。

なお、システムに負荷をかけ続けると、背面の排気スリットからファンの回転音がもれ始める。特にグラフィックス系のベンチマーク実行時は、背面右側のファンがうなり、かなり気になった。深夜の静かな部屋でゲームをする際はヘッドフォンをつけたほうがいいかもしれない。 451-11258互換

液晶ディスプレイは15.6型ワイドのグレアタイプで、画面の解像度は1920×1080ドットに対応している。標準的な1366×768ドットと比較す ると、約2倍解像度が高く、かなり精細な表示だが、Windows 7上のアイコンや文字が小さすぎて見にくいことはない。デフォルトではデスクトップのアイコン(大きさは中)が、正方10ミリ程度の大きさで表示される (dpiの設定は100%)。フルHDで収録されているコンテンツを本来の画質で視聴できるほか、Webページ、Wordファイル、PDFファイルなども 2枚並べて無理なく閲覧でき、動画編集、画像加工などの作業も快適に行える。 Dell MT3HJ

輝度は約350カンデラ/平方メートル(公称値)で16段階の調整が可能だ。カラーバランスや階調性もよい。上下方向の視野角は狭いが、液晶ディス プレイは約135度まで開くので、画面の角度は合わせやすい。ただし、グレアタイプのパネルなので、照明や自分の顔が映り込むことが多い。

キーボードはバックライトを搭載したアイソレーションタイプを採用している。各キートップは四隅にアールを付けた形状で、指がフィットしやすいよ う、緩やかにくぼんでいる。上下のカーソルキーはキーが接しており、キートップが盛り上がった形状を採用した。キーストロークは約1.2ミリと浅めだが、 キーの戻りがよく、確かな押下感もあるため、心地よくタイプできる。

主要キーのキーピッチは縦横ともに19ミリと余裕があって押しやすいが、右端に配置されたキーの横方向のキーピッチが狭いのはXPS 15zと同様だ。特に、BackSpaceのキーサイズは9.5(横)×10(縦)ミリと小さく、慣れないうちは左隣のキーを押してしまうことが多かっ た。 Dell J1KNDバッテリー

XPS 15zはキーボードの左右にスピーカーがあるという物理的な制約があったものの、XPS 15ではスピーカーを本体底面に移動しており、キーボードの左右にそれぞれ4センチほどの余裕があるので、キーボードのサイズをもう少し大きくしてほしかったところだ。

タッチパッドについては、左右のクリックボタンが一体となったことで、大きさが100(横)×72(縦)ミリと、XPS 15zよりも縦方向が20ミリほど広くなり、マルチタッチジェスチャーによる操作を行いやすくなった。XPS15では、3本指でのタッチ、スワイプ(進む /戻るなど)や4本指でのスワイプ(デスクトップの表示、ウィンドウの切り替え、フリップ3D起動などを設定可能)に対応する。 Dell D837N

XPS 15は、データストレージにHDDとISRT(Intel Smart Response Technology)によるキャッシュSSDのハイブリッド構成を採用したことで、早いレスポンスと比較的低コストでの大容量ストレージを両立した。評 価機のHDD容量は500Gバイト(7200rpm)で、キャッシュ用SSDの容量は32Gバイトだ。ハイブリッド構成にしたことで、休止/スリープ状態 からの高速復帰を行えるIRST(Intel Rapid Start Technology)を利用できる。

それでは、ハイブリッドストレージでPCの起動はどれほど快適になるか。XPS 15の起動時間(電源ボタンを押してから、Windows 7のデスクトップが表示されるまで)、休止状態への移行時間/復帰時間(電源ボタンを押して休止から復帰、ログイン画面の表示まで)をISRTを有効にし た状態と、無効にした状態でそれぞれ計測した。

17.3型ボディにモバイル向けIvy Bridgeの最上位である「Core i7-3920XM Extreme Edition」と、NVIDIAのモバイル向け“最強”GPUである「GTX 680M」を搭載したNEXTGEAR NOTE-i970GA1は、まさにゲーミングノートPCの最高峰といっていい。 Dell Y596M互換

価格は27万9930円とかなり高額な部類だが、今回比較したNEXTGEAR-NOTE i960GA4に2万円上乗せするだけで、圧倒的なグラフィックス性能を手に入れられると思えば、コストパフォーマンスも悪くはない。派手に光るイルミ ネーションキーボードなど、いかにもゲーマーが好みそうな特徴もきちんと引き継いでいる。もちろんゲームだけでなく、さまざまなクリエイティブ用途にもそ の性能を発揮してくれるはずだ。最高スペックの、そして人とは違ったノートPCを欲しいと望むなら、NEXTGEAR NOTE-i970GA1はまず真っ先に検討したい1台である。

デルの「XPS 15」は、15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載した薄型ノートPCだ。同社が2011年5月に発売した「XPS 15z」の後継機となる。 Inspiron 640mバッテリー

フラットなフォルムや、アルミ削り出しのパネルをアルマイト加工で仕上げた質感の高いボディといったデザインへのこだわりを継承しつつ、ボディを さらに薄くし、“Ivy Bridge”(開発コード名)世代のCPUや、HDDとキャッシュ用SSDのハイブリッドストレージを搭載するなど、性能面で大幅な強化がみられる。 ディスプレイの表面をゴリラガラス(Gorilla Glass)で覆うなど、堅牢性を強化したところも大きなポイントだ。今回は、従来モデルであるXPS 15zから何が変わり、どれだけ性能が向上したのかに注目してチェックする。 Dell Inspiron 630mアダプタ

XPS 15はXPS 15zと比較すると、外装はアルミ合金、キーボードベゼルやパームレストはマグネシウム合金と素材は共通するものの、デザインは大きく変化している。キー ボードとパームレストのカラーが黒に、キーボードの刻印が白色になった。XPS 15zはボディ全体が銀色だったが、XPS 15は銀と黒のツートーンとなり、より落ち着いた雰囲気を演出している。

スピーカーの位置も変化した。XPS 15zはキーボードの左右にスピーカーを配置していたが、XPS 15は底面手前側の左右にステレオスピーカー(2ワット×2)を配置している。スリット部分はPCの設置面に触れないため、音がこもるという印象は受けなかった。 1501バッテリー

本体サイズは371(幅)×249(奥行き)×23.2(厚さ)ミリと、XPS 15zの384.85(幅)×260.37(奥行き)×24.68(厚さ)ミリに比べて、一回り小さくなっている。重量は約2.6キロ(最小構成時)で、 XPS 15zの約2.51キロよりも少し重くなった

インタフェースは、USB 3.0を3基(うち1機は電源オフ時の給電に対応)、HDMI出力、Mini DisplayPort出力、音声入出力、SDXC対応SDメモリーカードスロットを備えている。主要な端子類は左側面に集中しており、右側面には音声入 出力やカードスロット、盗難防止ロック用ポート、スロットイン方式の光学ドライブが並ぶ。

USB 3.0が3基あるのは便利だが、ACアダプタ用のDC入力や外部ディスプレイ出力などの端子も含めて左側面に隣接しているので、複数の機器を同時接続する 場合は本体左側のスペースが手狭になりがちではある。前面と背面にインタフェースはない。液晶ディスプレイの上部には130万画素のWebカメラとデュア ルアレイのデジタルマイクを内蔵する。 Inspiron 1150バッテリー

ギガビットLAN、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0(Centrino Advanced-N 6235)を装備している。15.6型ディスプレイ搭載ノートPCは家の中での利用が主となるので、無線LANが電波干渉に強い5GHz帯に対応している のはうれしい点だ。

CommentsComments

No comments yet

Sign in here

Not a member of this network?

Alternative logins

You can use an account of a third party.

About this blog

http://www.batteryjp.com/panasonic-ey9005b.html

About the author

mannjyu mannjyu
mannjyu mannjyu
  • Member since: 01/06/2012
  • Posts written: 7
  • Received comments: 0
  • Comments written: 0
  • Latest post: 14/08/2012

Recent blog posts

Network details

  • Search for:

  • Network name

    dybuncomo
    dybuncomo

  • Your host is

    Gladys Mcfadden

  • Created on

    19/05/2012

  • Members

    4

  • Language

    English